スマホでワイン作り

スマートフォンがいくら優秀になったからと言って、まさかワインまで作れるようになるなんて、誰が信じたでしょうか?
『The Miracle Machine』は、まさにミラクルなマシンなんです。
この『The Miracle Machine』は、特殊な機能を持つボトルです。
飲料水に濃縮ぶどう果汁やワインイーストなどの添加成分を加えてこのボトルにイン。
後は何日か置いておくだけで、好みの味のワインができあがるというもの。
ボトルは常に醸造にちょうどいい温度をキープするヒーターになっていて、脱気用ポンプや超音波かくはん機構などが内臓されているので、家庭でもワインを作ることができるとのこと。
スマートフォンに、好みの味や風味を設定しておけば、醸造がどの程度進んでいるかを知ることができたり、温度や糖度のチェックもできるそうです。
とっても楽しそうな『The Miracle Machine』ですが、日本ではアルコール分1パーセントを超えるお酒を家庭で作ってはいけないんですね。
しばらくは海外でのみ活躍しそうなアイテムですね。
参考記事 日経トレンディ 2014年ヒット予測ランキングに「Lサイズスマホ」がランクイン

— Read the article in full

Subscribe to RSS Feed

Categories

Archives

Recent articles

なぜか重くなっているらしい・・

サムスンは、フラッグシップモデルのスマホの新機種「GALAXY S5」と、ウェアラブルデバイスの新機種「Gear」シリーズ3製品を発表したということです。スペックなどは書かれていても私はよくわからないので^^見た目や印象などのレポート部分を読んでみました。すると新機種GALAXY S5は、前機種S4でコンセプトにされた「よりスリムに、しかもより強く」を逆行かのように幅、高さ、厚さ、そして重量も大きく多くなっているんだそうです。何で??^^以前の流れをくめばさらにコンパクトになっているハズですよね。しかし、重さまで重くなっているとは・・。以前、(ファーウェイだったような・・)どこかの会社の社長が、これからのスマホはより大きく!ということをコンセプトにしていく、と話しているレビューを読んだことがあるのですが、サムスンも今回はこの考えに近くなったということなのでしょうかね。いずれにしても、発売後数カ月してユーザーからの使ってみた生の意見を聞いてみたいですね!

手のひらに乗る 小型のムービーカメラ

ひと昔前、デジタルビデオカメラと言えば、そこそこの大きさがあって、重さもありました。
それが、パスポートサイズなんていうものが登場、更に最近ではますます小さくなっているデジタルビデオカメラ。
エルモから登場したのは、なんと、手のひらに乗るほどの小さい本体サイズになっています。
この『QBiC MS-1(キュービック エム エス ワン)』は、小さいながらも超広角レンズ搭載や明暗差のある場所での撮影にも耐えるなど、その機能はかなり優れものとのことです。
また、ステレオマイクも高感度なので音声の記録も十分できます。
スマートフォンに専用のアプリをインストールすれば、無線LANで接続してスマートフォン画面からカメラの映像をチェックしたり、撮影した動画をスマートフォンに送ったりすることも可能。
ドコモ スマートフォンと一緒に持ち歩いても邪魔になることの無さそうなこのカメラ。
そろそろ我が家の大きいサイズのカメラは年代物という雰囲気になってきているので、買い換えるならコレかな…と思います。

警察の取り締りエリアをチェックしよう

お酒を飲む人にとって飲酒運転はもちろんNGですよね。この常識が10年20年前だと普通に破る人が多かったなんて今では信じられませんよね。シートベルトを締めないのは本人の命が危ないだけですが、ベビーシートやチャイルドシートの装備や飲酒運転は自分以外の人に迷惑をかけかねないので、日本の常識も上がってきて嬉しい限りです。でも春などの時期は警官が点数稼ぎにねずみ取りなどで、危険でもない場所で取締りをしているのってやっぱり少し前に国交省の大臣が発言していたように無意味に思いますし、後ろめたくなくても避けたいですよね。そこでそんな取締りを事前に知れるおすすめなスマートフォンアプリ「交通取締通知」が使えそうですよ。地図で有名なゼンリンのアプリなので信頼度も高いし安心ですね。シートベルトや飲酒、一時停止、信号無視など取締りによってアイコンとエリア着色で知らせてくれるので注意もしやすいですね。
参考情報 GALAXY J<ギャラクシー ジェイ>docomo SC-02F 最新スマホ(2013-2014冬春モデル)

業界を驚かす存在のスマートフォン

2013年のスマートフォン業界の最もHOTなNEWSは、やはりドコモからiPhoneが出た!ということでしたね。一年に一度発売されるiPhoneですが、今回に限ってはスペックの向上よりも「ついにドコモからiPhoneが!」という部分の方が大きく報道されてもいました。Androidスマートフォンにおいても様々な機種が登場し、GALAXY S4やXperia Aのようなハイスペックモデルが市場を賑わせていました。個人的には、NTTドコモから2013年春モデルとして登場したNECカシオモバイルの「MEDIAS W」は、2つのディスプレイを搭載し、独立して使うことも組み合わせて一つのディスプレイとして使うこともできるという斬新なコンセプトが印象的でした。グーグルグラスを始めとするウェアラブルデバイスという次世代端末の登場も大きな話題となった年でしたね。未だ見ぬAppleの次世代端末もおそらく2014年に輪郭が見えてくるだろうと言われています。どんどん進化していくスマートフォン。さらなる性能向上を突き詰めて各業界を本格的に脅かすSFチックなスマホが発表されるかもしれませんよ?2014年はどんな新端末が登場するのか楽しみですね。
参考情報 docomo.publog.jp

SF映画が好きならこれだ

スマートフォンに向けた動画配信サービスは拡大の一途をたどっています。例えばTSUTAYAでお馴染みのカルチュア・コンビニエンス・クラブは、プリペイドカードを使った映像配信サービスを開始しました。「映像プリペイドカード」と呼ばれる商品を、全国のTSUTAYA店舗にて販売を開始しています。こては、映画ソフトについて、POSA技術というものを使って販売するという、日本国内では初の事業となっています。映像プリペイドカードというのは、カードの購入によってモバイル端末で作品を何度も楽しめるというのが最大の特徴です。レンタルとセルの中間、データの購入に近いと考えればいいでしょう。使い方は、店舗でまずはカードを購入します。そして、150日以内にカード裏面のURLから利用者登録をします。その後、10桁のPINコードを入力しますと、動画を楽しむことができます。

スマホの電話機能に割安サービス広がる!

ガラケーからスマートフォンに機種変更しない人達がまだまだ日本には多くいます。その一因として、スマホの通信料金が高いという理由が挙げられます。しかし、スカイプをはじめLINEなど無料通話アプリも新たに登場していますよね。先日は楽天でんわという無料ではないけれど通話料金を節約するアプリが出て来てスマホレビューに多く取り上げられていました。しかし、ドコモやソフトバンク、auなどのキャリアにとってはこのようなサービスは迷惑なものなのではないでしょうか?!^^今回見たスマホレビューには、「攻められる側の大手携帯電話事業者は総じて静観する。「無料通話アプリも普及しており、影響はないのでは」(ソフトバンクモバイル)とみている。「時限的なサービスではないか」(KDDI幹部)とみる向きも多い。現在、データ通信専用で使われているLTEで、音声も提供されるようになれば、通話料金は大幅に安くなり定額通話も可能。そうなれば「意味のないサービスになる」(同)というわけだ。」とのこと^^強気ですね^^まぁ、私たちユーザーから見れば通信料金は安くなればなるほど良いので、どんどんこのようなアプリの登場は歓迎したいですよね♪そして、キャリア自体の価格が無料に近くなることを期待したいと思います!^^

韓国の新たな危機?!

サムスンを始めとして、今年後半に入ってから韓国の企業の危機説があちこちのスマートフォン レビューから聞こえてきていますね。今日見たレビューには、「北朝鮮の状況も不安定なままで、韓国の経済、政治が揺れています。状況は厳しく、早く是正の政策が必要ですが、朴大統領の任期はまだ4年以上もあり、しばらくの間、停滞の危険性があります。」と。このような状態、韓国の国民は実感があるのでしょうか?それとも、すでに感じて危機感を持っているのでしょうか?!サムスン自体の現在の状況はそう悪くは無いと思われますが、今後のサムスンのスマホ事業を考えるとやはり心配される声が多く聞かれます。そして、他の財閥や企業にも深刻な経済状況が来ているとか。。ただ、韓国国内の景気が多少悪くても、外国からの資本などがあればまだ乗り切れるとのことです。現在はそれで何とか凌いでいるそうですが、実際問題としては韓国からの撤退、縮小が進んでいるのも事実だとか。日本からの観光客を呼ぶのにも必死のようですが、隣国である故の問題も両国で抱えているので、そうそう状況が好転するとは言い難いのかもしれませんね。

ちょっとした息抜きには“どこでもドア”

子どもの頃から慣れ親しんできた“ドラえもん”声が代わってしまったのでいまだに子どもと一緒に見てもピンとこないものですが、いつの時代も憧れの存在は“どこでもドア”ですよね。本当に眠い朝とかめんどくさい長距離移動なんかの時は本当に欲しいなと誰もが子どもの頃に思ったはずです。私も帰省の際には大人になっても欲しくなります。社会人の方はどこかに旅行にでも行って現実逃避したいなって時にも欲しくなるかも知れませんが、そんなときのおすすめはスマートフォンアプリでちょこっと今とは別の風景を覗いて現実逃避してみませんか。「どこでも~ドア」というアプリは検索枠にキーワードをいれればGoogleストリートビューの画像が出てくるという面白アプリで観光地や懐かしの場所などを検索してノスタルジックに浸ってストレス発散するのもいいですね。

はじまりはじまり~

アクセスいただき誠にありがとうございます。SF映画が好きの管理人です。
このブログで載せていくのは、管理人の日常の他、最新ワードや人気のアイテムの便利情報などなどです。
ホームページの知識はまだ少ないので、悪戦苦闘しながらやっていくつもりです!
これからは、読んで下さる方のためになるような情報をいっぱい発信していきたいなと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。